現地の雰囲気を体感

日本とは違う環境

ホットヨガというジャンルは、いわゆる日本の快適なジムの中で行われる指導とは違ったアプローチを提供するところに特徴があります。その最たる違いは、気温と湿度にあります。
日本のジムの場合、あまりにも高温多湿な環境は敬遠される傾向にあります。それとは違って、ホットヨガにおいては意図的に高温多湿な状況を形成して、その中で体を整えていくのが特徴です。環境的には気温四十度を超える空間で、なおかつ湿度も四十パーセントを超えるため、蒸し暑い状況が生まれています。
サウナとも違う独特の空間で、インド現地と同じような空気を体感しながら体をほぐせるところに、ホットヨガの魅力があるといえます。

期待できる効果

高温多湿な環境で指導を受けるホットヨガで期待できる効果は、一般的なジムでのトレーニングとは違っているいわれています。
例えば、蒸し暑い中で体をしっかり暖めながらほぐせるため、柔軟性の向上を更なるレベルで期待できるという点は魅力的です。お風呂あがりにストレッチをすると良いとよくいわれますが、それと同じ状況、むしろ、それ以上に適した状況で体をほぐせるのがホットヨガです。
しかも、体が温まっていることで代謝が向上しているのも見逃せません。向上した代謝機能によって免疫力を高められるのも、ホットヨガで期待できる成果の一つです。
通常のジムで受けられる指導にも魅力がありますが、ホットヨガにはホットヨガの効果が期待できるというところにも注目していきたいところです。